Baseball Gate

プロ野球

立大先勝 1年宮崎仁が決勝2点打 大阪桐蔭“最強世代”の1番打者

 ◇東京六大学野球 第4週第1日 立大3―2法大(2019年5月4日 神宮)

<立大・法大>2回、2点適時打を打つ宮崎仁(撮影・荻原 浩人)

 1回戦2試合が行われた。立大は宮崎仁斗外野手(1年)が2回に勝ち越しの左前適時打を放ち、法大に先勝した。慶大は東大に逆転勝ち。柳町達(たつる)内野手(4年)は同点の5回に中前へ勝ち越しの2点適時打など2安打3打点で、通算100安打へあと3本とした。

 大阪桐蔭出身がスタメンに4人並ぶ中、1番の1年生・宮崎仁が結果を出した。同点の2回1死二、三塁から勝ち越しの2点適時打。初回には左前打で出塁後に二盗も決め先制の生還と全得点に絡んだが「しっかり振ろうと意識した結果」と謙虚に振り返った。

 昨年、根尾(現中日)や藤原(現ロッテ)らとともに甲子園で春夏連覇した時の1番打者。慣れない木製バットでもオープン戦でフルスイングした姿が評価され、22日の明大3回戦では「1番・左翼」でスタメンに抜てきされた。入寮後は大阪桐蔭組で食事に出掛けたこともあり「優しい先輩」と感謝する。

 同じく1年生の山田が4番に座り、5番の三井(3年)は先制の適時二塁打を放った。先発の田中誠(4年)は144球完投で通算12勝目。大阪桐蔭出身選手が躍動し、田中誠は「頼もしい後輩です」と目を細めた。(松井 いつき)

 ◆宮崎 仁斗(みやざき・じんと)2000年(平12)4月10日生まれ、奈良県出身の19歳。小3から野球を始め、中学時代は志貴ボーイズでプレー。大阪桐蔭では1年秋からベンチ入りし、2年秋から左翼のレギュラー。1メートル70、71キロ。右投げ右打ち。

v