Baseball Gate

大学野球

法大打線 4発18得点爆発、主将・福田7打点 東大に連勝

 ◇東京六大学野球春季リーグ戦第1週最終日 法大18―5東大(2019年4月14日 神宮)

<東大・法大>5回2死一、三塁、適時二塁打を打つ福田(撮影・荻原 浩人)

 2回戦2試合が行われた。慶大は立大を7―1で下し、法大は東大に18―5で大勝し、ともに連勝で勝ち点を挙げた。慶大は中村健人外野手(4年)が初回の先制2ランなど4打点。法大は福田光輝内野手(4年)が7打点を挙げるなど、打線が17安打18得点と爆発した。

 法大は4発18得点で東大に連勝。福田主将が95年春の早大・矢口健一が持つ1試合8打点のリーグ記録に迫る7打点を荒稼ぎした。4回の右越え3ランから5回は左中間2点二塁打、8回も右翼線2点二塁打。「最高は3打点かな。自分のイメージはチャンスに弱い。走者がいると“嫌やな”だったのに、主将になって打点を意識したのが良かったのかな」と笑った。連覇へ27日からは慶大と激突。「中1週空くけど、全員大振りにならないよう締めます」と浮かれた様子はなかった。

v