Baseball Gate

プロ野球

巨人・炭谷 難病の子どもたち支援 今季も継続を発表

 巨人は15日、炭谷銀仁朗選手(31)が西武在籍時から続けてきた難病を患う子どもとその家族の支援活動を巨人に移籍した今季も実施すると発表した。

巨人の炭谷銀仁朗

 西武は西武在籍時の15年から難病を患う子どもとその家族の支援活動を行ってきた。今季も支援を継続していく意向で、寄付の方法は公式戦で炭谷が先発捕手として出場し、巨人が勝利を挙げた場合に1万円。さらに、炭谷選手が安打を1本打つごとに1万円を、寄付型クラウドファンディングサイト「LIFULLソーシャルファンディング」を通じて、公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」に寄付するというもの。安打数に応じた寄付は今季からの取り組みとなる。

 同サイトでは炭谷の活動に賛同するファンからの寄付も15日から受け付ける。先着200人に炭谷の直筆サイン入りベースボールカードをプレゼントする(発送は4月中旬以降の予定)。

 公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」を通じて、難病を患う子どもとその家族を東京ドームで開催される公式戦に招待する予定(4試合に各30人、計120人の予定)で、シーズン中に埼玉県内の病院、シーズン終了後には東京都内の病院を訪問する。訪問は同じ支援活動を行っている西武の武隈祥太投手とともに訪問する予定だという。

 炭谷は球団を通じ、「プロ野球選手として少しでも社会に役立つ活動をしたいと思い、2015年から支援を始めました。全国では25万人以上の子どもが長期療養を要する難病を患っていて、その周りには子どもと一緒に病気と向き合う家族がいらっしゃいます。微力ながら子どもたちや家族のサポートを継続していきたいと思います。今年から巨人軍へ移籍しましたが、自身の活躍がより多くの方への支援につながることを大きなモチベーションにして頑張ります。この活動にご賛同いただけるファンの皆さま、ぜひ私と一緒に支援活動を行っていきましょう!」とコメントを寄せた。

v