Baseball Gate

プロ野球

同世代NO・1スラッガーがプロ7年間1軍出場ゼロ…元阪神選手にマエケン「まじか!」

 TBSのドキュメントバラエティ番組「消えた天才」(日曜後7・00)が10日放送され、米大リーガーの前田健太投手(30=ドジャース)とともに中学世界一を勝ち取った元阪神捕手・橋本良平さん(30)の現在が紹介された。

元阪神の橋本良平捕手

 「中学校の時に唯一バックスクリーンにホームランを打たれたのが橋本なんですけど。NO・1です。橋本って言ったら全員分かるぐらいのバッター」と前田が今でも鮮烈に覚えている橋本さんは高校野球の強豪・智弁和歌山(和歌山)で1年時から4番打者に座り、甲子園に3度出場。高3時の高校日米親善野球では田中将大投手(30=ヤンキース)とバッテリーを組み、2006年の高校生ドラフト3位で阪神入りした。

 前田に中学時代の印象を「これはもう…番長です。オールジャパンの番長。オレについてこい!みたいな感じのチームの中心。ジャイアンみたいなものですよね」と評され、将来を期待された橋本さん。だが、プロ入り後7年間で1軍出場ゼロのままプロ野球界から姿を消した。

 中学時代は「正直、僕の方が(前田を)よく打ってた。当時は」と笑う橋本さんだが、プロでは広島のエースからメジャー移籍と階段をのぼっていくマエケンとは対照的に輝くことができなかった。その原因を自己分析すると「バットが変わったのが、今思えば一番大きかった」。金属バットから木製バットに変わった違いに対応できず、自分の打撃を見失ったのだという。

 そして、2013年10月に阪神から戦力外通告。「人生が終わった…それぐらいの感覚でしたね」。そんなどん底状態を支えたのが当時新婚だった美人妻・良奈さん。妻は「帰って来ても元気がなくて。でも、いつも通り好きな物(料理)を作ってあげて。楽しく生活してもらえたらなと思って何も言わず聞かず」と普段通りの生活を送ることに努めた良奈さん。橋本さんは「こういう強い方が横におるから。ほんまに感謝してます」と妻の明るさに救われた当時を振り返った。

 現在は大阪府堺市で産業廃棄物を運ぶトラックの手配業務の仕事に就き、紗良ちゃん(4)、有良ちゃん(2)と2人の愛娘にも恵まれた。「当時は多少引きずったところもありますけど、今はもう前しか見ていないので。後悔したくないじゃないですか。失敗したなんて思いたくないので。野球やってて良かったなと」。VTRが終わり、スタジオにサプライズ登場した橋本さんに前田も「マジか!」と思わず大きな声。「15年ぶりにバッテリーを組みたい」という橋本さんの希望を「もちろん!」と快諾し、中3以来となるキャッチボールに2人とも笑顔だった。

v