Baseball Gate

プロ野球

ロッテのドラ1・藤原「初ものづくし」初得点、初盗塁、初打点、初ポカ

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は10日、台湾ラミゴとの交流試合(石垣)に「1番・中堅」で初先発し、初得点、初盗塁、初打点、初ポカと「初もの」づくしだ。

<台湾ラミゴ・ロッテ>5回、敵失で出塁する藤原

 初得点は三塁走者だった3回2死一、三塁。左腕・葉家淇の一塁へのけん制球がワンバウンドになり、一塁手が前にこぼした隙を見逃さず、一気にホームをついた。

 初盗塁は7回無死一塁、ラミゴ右腕の岡への3球目に走り、悠々セーフになった。暴投で三塁まで進み、岡の右犠飛で生還。これが決勝点になった。50メートル5秒7を誇る「神足」が井口監督へ連勝スタートをプレゼントする形になった。

 8回1死満塁の第5打席は3ボールから押し出し四球を選び、初打点。打ってアピールしたい気持ちを抑え、際どいコースを選んだ。ただ、なお1死満塁で二塁走者だった藤原は高浜の遊飛で飛び出し、併殺。「初ポカ」もやってしまった。

 これだけの「初もの」が並んだが、この日もフル出場し、3打数無安打。これで紅白戦、シート打撃、ラミゴ戦2試合を合わせ、17打席で無安打(3四球)と「初安打」だけが、出ていない。

v