BASEBALL GATE

侍ジャパン

侍・稲葉監督 中日キャンプ視察し新首脳陣と意見交換 笠原、京田らへの期待口に

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が10日、沖縄県北谷町の中日キャンプを視察した。建山義紀投手コーチ、井端弘和内野守備走塁コーチらと選手の動きに目を光らせ、新首脳陣と意見交換した。

侍ジャパンの稲葉監督(左)と建山投手コーチ(右)は伊東ヘッドコーチと談笑

 昨年11月の日米野球は、笠原祥太郎投手と佐藤優投手を起用した。

 緩急差が大きい独特のチェンジアップを駆使する先発左腕・笠原について「順調そうでいい顔をしていた。昨年以上に期待される部分が大きいと思う。しっかりと見ていきたいと思います」と期待を口に。救援右腕の佐藤にも「彼はストレートの強さ。後ろの方を任されると思うが、昨年の日米で何かを感じていると思うので、そういうものを今年につなげていってほしいと思います」とさらなる飛躍を待ち望んだ。

 U―24侍ジャパンとして臨んだ一昨年11月のアジアプロ野球チャンピオンシップでは、京田陽太内野手と、オーバーエージ枠で又吉克樹投手をを招集した。

 京田については「聞く耳を持っている選手。みんなの何かをつかんで帰りたい、と。そういう努力をする」と評価。昨季は打率・235と数字を下げたが「今年もリードオフマンとして期待されると思う。私もそこを期待したい」とチームを引っ張る姿を求めた。

 又吉のブルペン投球にも見入り「今年どこのポジションで投げるか分かりませんが、順調そうでしたし、彼もこれからしっかり見ていきたい選手の一人ではあります」と話した。

 また昨年は侍ジャパンの強化副本部長を務めた伊東勤ヘッドコーチとも話し込んだ。「今後のジャパンの、主に投手陣の話をさせていただきました」と貴重な意見を吸収し、今後へ生かす考えだった。