BASEBALL GATE

侍ジャパン

中日・松坂 オーラでルーキー圧倒!ドラ3勝野「テレビで見ていた選手。凄い」

 中日の松坂大輔投手(38)が30日、沖縄・北谷で行われている合同自主トレに合流。キャッチボールやゴロ捕球などで汗を流すと、陸上競技場でのランニング中には新人のドラフト3位・勝野(三菱重工名古屋)と話す場面も見られた。

<中日合同自主トレ>笑顔の松坂(左)と一緒に笑みを浮かべるルーキー勝野(撮影・椎名 航)

 社会人No・1右腕も「平成の怪物」のオーラに圧倒された。「同じチームなので会えると分かっていたが、テレビで見ていた選手に会った。凄い」と勝野。21歳のルーキーにとって最も印象に残っている松坂の姿は「WBCです」と2大会連続でMVPを獲得したワールド・ベースボール・クラシック。日本だけでなく世界でも活躍した大先輩に「“頑張れ”と言われました」と嬉しそうに話した。

 松坂も塚本コンディショニングコーチから、勝野が昨秋の社会人野球日本選手権で優勝し、MVPを獲得したと紹介され「社会人時代の事とかを聞きました」とした。

 その上で、影武者が登場するほど大フィーバーとなった自身のプロ入り1年目を振り返り「1年目は自分が気づかないところでストレスをためる。ケガしないようにオンオフの切り替えをやった方が良いよと話しました」と明かした。