Baseball Gate

侍ジャパン

阪神ドラ1近本 プロ1年目のテーマは「RESTART」 5つの誓いとともに

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24=大阪ガス)がルーキーイヤーにかける思いを「RESTART」の一語に託した。アマチュアからプロの舞台へ。新天地では夢を与える立場になることを強く意識した。背番号「5」にちなんで、5つの目標も披露。貴重な新戦力となるべく、一つずつ自らに課したノルマをクリアする。

“盗塁王”と色紙に記し、活躍を誓った近本

  ◇    ◇    ◇

 ドラフト1位・近本にとって、プロとは何か…。その難しい命題に熟考した末、導き出した答えは「RESTART」だった。

 「アマチュアとプロ野球は全然違うので、そこでもう一回野球を見つめ直す。自分だけじゃなくて、プロ野球選手のありようとはどういうモノなのか、ということをしっかり考えて、それを体現できるように。今年のテーマはRESTARTにしようと思います」

 アマチュアからプロへと舞台を変える2019年シーズン。小学2年から始めた野球はやがて職業となり、夢を見る側から与える側へと回る。入団会見で「イチロー選手のようにプレーや動作でフラッシュを浴びるような選手になりたい」と語ったように、プロとしての自覚は芽生えつつある。ただ、プレースタイルばかりに気を奪われ、本質を見失うことはよしとしない。

 「(動作一つに)こだわっていきたい。でも、それを目的としたらダメなので。それを感じるのは自分じゃなくて、ファンの人が考える部分なので」

 そこには、矢野監督が率先して掲げる“ファンを喜ばせる”という思いも重なる。「プロ野球選手が職業になるので。それでお金を稼ぐということなので、それをしっかり、ファンの方をはじめとする周りの人たちに還元できる一年にしたいです」。ファンの支えがあってこその、プロスポーツ。多くの経験を積んできた24歳は、感謝の思いを忘れない。

 「RESTART」を切る1年は、背番号と同じく「5」つの目標とともに歩む。

 【1 開幕1軍】「アピールもそうですけど、自分の体を万全で動かせられるようにしたいです」。即戦力として入団する以上、悠長に構えている時間はない。春季キャンプから始まる過酷な生存競争に万全の準備で挑む。

 【2 新人王】「2年目でタイトルを獲るのと、1年目で獲るのとでは全然違う」。スタートダッシュに成功しただけでは満足しない。自らへの要求水準を高く設定した。

 【3 盗塁王】「走ってみないと分からないというのが野球だと思う。試みることが大事」。矢野野球の代名詞でもある超積極性を前面に出す。

 【4 お立ち台5回】「甲子園でお立ち台に立つとなれば、求められるところもあると思う」。虎党を喜ばせるためにも、関西人として笑い?も取りにいく。

 【5 本塁打5本】「狙って打てるのか、狙わなくても打てるのか、狙っても打てないのか、というのを考えながら、打席に立ちたい」。俊足とシュアな打撃だけではない。パンチ力でも存在感を示す心意気は十分だ。

 矢野監督を迎え、チームにとっても「RESTART」となる今季。近本が5つの目標を達成すれば、猛虎は勇ましく生まれ変わる。(長谷川 凡記)

 ◇近本 光司(ちかもと・こうじ)1994年(平6)11月9日生まれ、兵庫県淡路市出身の24歳。社では外野手兼投手で甲子園出場なし。関学大3年春に外野手で関西学生リーグベストナイン。大阪ガスでは1年目から公式戦に出場。18年夏の都市対抗は首位打者の活躍で初優勝に貢献し、MVPに相当する橋戸賞を受賞。同年侍ジャパン社会人代表。50メートル走5秒8。1メートル70、70キロ。左投げ左打ち。