Baseball Gate

プロ野球

これぞ頼れる4番打者! 福岡ソフトバンク・柳田が劇的なサヨナラ弾で延長戦に終止符!

「日本シリーズ」 ソフトバンク―広島第5戦  10回ソフトバンク無死、右越えにサヨナラ本塁打を放ち一塁へ向かう柳田=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】


 福岡ソフトバンクの柳田悠岐が、日本シリーズ第5戦で延長10回にサヨナラホームランを放ち、広島東洋との接戦にピリオドを打った。

 第4戦まで相手のインコース攻めに苦しみ、本来の打撃が影を潜めていた柳田。この日も、広島投手陣の強気のピッチングに翻弄され、第4打席までノーヒットに抑えられてしまう。ただ、1死満塁で迎えた5回の第3打席では、高めのボールにつまらされるも内野ゴロに倒れたが、相手が打球処理にもたつく間に3塁ランナーが生還し打点1を挙げた。

 そんな中で試合は、点を取ったら取り返すというシーソーゲームとなり、4対4で9回では決着がつかず第1戦に続き、延長戦に突入する。そして迎えた延長10回裏。この回の先頭で打席に入った柳田は、2球目のインコース低めのスライダーをフルスイング。高い放物線を描いた打球は、ライトのホームランテラスに入るサヨナラホームランとなった。
 
 ナインから手洗い祝福を受けた後、お立ち台に上がった柳田は「うわー折れたって思ったんですけど、テラスに入っていたのでびっくりしました」と、ホームランを打った瞬間バットが折れていたことを告白。そして「初めての経験なのですごいうれしいです」と興奮気味に話をしていた。

 劇的な勝利でチームは2年連続の日本一へ王手。サヨナラ弾というこれ以上ない結果でチームにさらなる勢いをもたらした主砲が、明後日の第6戦でも爆発してくれるはずだ。