Baseball Gate

社会人野球

立大 始動 両投げ両打ちの赤塚「神宮で投げる姿を見せて恩返ししたい」

 東京六大学野球の立大が11日、埼玉・新座市内の同大で始動した。

立大の両投げ投手・赤塚

 日本球界では珍しい両投げ両打ちの赤塚瑞樹投手(新2年)は「今春リーグ戦登板」を目標に掲げた。昨年、麗沢瑞浪(岐阜)から立大に進学。1年時こそリーグ戦登板はなかったが2軍にあたるBチームで腕を磨き、リーグ戦登板のチャンスを伺う。「両投げでやってこれたのも理解してくれた今までの指導者のおかげ。神宮で投げる姿を見せて恩返ししたい」と話す。

 高校時代は外野手兼投手だったが3年夏の岐阜大会では両投げ用グラブで1人ごとにスイッチする姿が話題となった。もとは右利き。小2から父・浩樹さんのアドバイスで左投げを始めた。中学時代はチーム事情で右投げ専門も高校入学後は再び両投げに。「左の感覚をもっと磨けるように」と高校の監督のすすめで箸やペンも意識して左で使うようになった。「最初はできないことが多くてストレスだったけど野球につながった。感謝しています」。今でも授業の板書や野球ノートをつける時は左で書く。小5の時に作った特注の6本指のグラブを、今も手入れをしながら大事に使っている。

 大学入学後は投手に専念し、精度やスピードアップに取り組む。「自分と向き合う時間が作れたのがすごく大きい」。一人暮らしながら「簡単なものですけど料理するのは好き」と毎日自炊し、体重は入学時65キロから76キロまで増えた

 「新しいことをやると周りからはいろいろ言われる。大谷選手が二刀流に挑戦している姿に刺激を受ける。可能性を広げられるということを示せたら」。東京六大学リーグ戦に両投げ投手が登板すれば、史上初のケースになると見られる。まずは3月のキャンプメンバーに選抜されることが、夢への第一歩だ。