Baseball Gate

プロ野球

「由伸2世」も…屈辱の“指名漏れ”から這い上がる2017年ドラフト候補たち


2017年を迎え、新たなスタートを切ったアマチュア球界。今年も早実・清宮幸太郎らを筆頭にプロ注目選手がズラリとそろうが、とりわけ強い思いを持っているのが、一度は破れたプロの夢舞台に再挑戦する社会人選手たちだ。

■「上位指名間違いなし」がまさか…屈辱から2年、JX-ENEOS谷田成吾の再挑戦

 2017年を迎え、新たなスタートを切ったアマチュア球界。今年も早実・清宮幸太郎らを筆頭にプロ注目選手がズラリとそろうが、とりわけ強い思いを持っているのが、一度は破れたプロの夢舞台に再挑戦する社会人選手たちだ。

 ドラフト指名を受けるために高校、大学生に提出が義務付けられているプロ志望届。夢を込めた一枚の用紙を、かつて提出しながら指名漏れを味わい、それでも上のカテゴリーに進んで腕を磨いて成長した選手がいる。社会人では2年目から指名解禁となるが、その筆頭格はJX-ENEOSの谷田成吾外野手だろう。

「由伸2世」。こう言えば、思い出すファンもいるかもしれない。慶応高で通算76発を放ち、左打ちのイケメンスラッガーとして、慶大出身の巨人・高橋由伸(現監督)と重ね合わせ、一躍、メディアの注目の的となった。慶大では東京六大学リーグ通算15本塁打をマーク。高校、大学ともに日本代表を経験し、大学4年秋のドラフトでは「上位指名は間違いなし」と騒がれたが、まさかの指名漏れを味わった。

 東大戦以外での成績面が物足りなかったこと、左打ち外野手が球界で飽和状態であることなど、後付けのような理由が挙げられた。それでも「由伸2世」と呼ばれ続けた男は「自分の実力が足りなかったということ。そう呼ばれることにふさわしい選手になりたい」と涙することなく、社会人野球の強豪・JX-ENEOSで飛躍を誓った。

 入社1年目の昨年はルーキーながら4番を務め、日本選手権出場に貢献。1回戦敗退に終わったが、確実性のある打撃を身に着け、今年の活躍次第では指名解禁となる秋のドラフトでも上位指名の可能性は十分にあるだろう。慶大時代の同級生だった山本泰寛(現巨人)、横尾俊建(現日本ハム)に負けじとプロの夢舞台を追う。

■プロ志望届を巡るドラマ…六大学最多二塁打男、甲子園V主将、広島主力の弟も

 日立製作所・菅野剛士外野手は明大時代、同級生の高山俊、坂本誠志郎(ともに現阪神)、上原健太(現日本ハム)と志望届を提出しながら唯一、指名を受けず。東京六大学リーグ新記録の28本の二塁打を放った“ミスターダブル”は、持ち前の打棒で社会人1年目の昨年からベストナインを受賞。谷田同様、同級生の後を追い、今秋の指名を目指す。

 当時の東京六大学では、日大三高で甲子園優勝を果たした主将の法大・畔上翔外野手がホンダ鈴鹿、名門・大阪桐蔭高から早大に進学し主将を務めた河原右京内野手がトヨタ自動車に進み、今年からドラフト指名解禁となる。東都大学勢では亜大で日本一を経験したトヨタ自動車・北村祥治内野手は亜大4年の弟・拓己とともに兄弟同時指名の可能性があり、同じく亜大からトヨタ自動車に進んだ藤岡裕大外野手も注目の一角。中大で主将を務めた俊足外野手の日本生命・神里和毅も楽しみな存在だ。

 ほかの大学リーグに目を移せば、広島・田中広輔を兄に持つ東海大出身の日立製作所・田中俊太内野手、帝京大時代にドラフト直前で左ひざ前十字じん帯損傷の大けがを負ったNTT東日本・西村天裕投手も雪辱に燃えている。

 今年から指名解禁となる高卒3年目の社会人選手や大学4年生世代から、かつて指名漏れした中で指名有力な選手は現時点では少ないが、今後の成長に期待したいところだ。

 振り返れば、横浜創学館高時代に指名漏れを味わった後、八戸大を経てプロ入りを果たした西武・秋山翔吾のように、後に大成したような選手もいる。果敢に挑戦しながら夢破れ、悔しさをバネに成長した彼らが今年、悲願を叶えることができるのか。ファンにとっては2017年のドラフト戦線を楽しむ、一つの要素となるだろう。

関連リンク