BASEBALL GATE

プロ野球

引退決断の稼頭央 誓った西武で日本一「涙は最後、うれし涙にとっておきたい」

 球史に残るスピードスターが、現役生活に別れ――。西武・松井稼頭央外野手(42)が27日、メットライフドームで引退会見を行った。9月に入って引退を決意。昨季限りで楽天を退団し、15年ぶりに復帰した古巣で25年間の現役生活にピリオドを打つ道を選んだ。この日、出場選手登録され、念願の日本一になって花道を飾ることを誓った。

引退会見中に笑顔を見せる松井(撮影・ 久冨木 修)                                                                                                                                    

 涙はない。実に四半世紀にわたる現役生活。その年輪が刻まれた松井の顔からは、時折笑みもこぼれた。

 「涙は最後、うれし涙にとっておきたい。日本一で、ですね」

 引退の決断は9月に入ってから。15日に今季初めて出場選手登録を抹消され「自分と向き合える時間があった。本当に悩んだけど、とうとうこの時が来たな、と決意した」。まだできる、との思いとの葛藤。25日の楽天戦の前にナインに伝えたが、同日の練習で最後まで居残ってマシン打撃を行っていたのは、松井だった。

 「ここ(西武)で生まれ、ここで育ち、最後にここで引退する。やめるならここで、と思っていたし、運命的なものを感じる」。93年ドラフト3位で西武入団。大リーグ、楽天を経て今年、15年ぶりに古巣に復帰した。「ここ数年は毎年、一年勝負と思ってきた。特に今年は古巣。最後の勝負の年、と過ごしてきた」。類いまれなスター性と、真面目で実直な人柄。そして「こだわりは走攻守。全てが兼ね備えられ、3つが重なって松井稼頭央になる」という華やかなプレーで、多くのファンを魅了してきた。

 「25年も現役をやらせてもらった。野球が好きで始めて、好きなまま終われる。これからも好きであり続けると思う。いい野球人生だった」

 今季はテクニカルコーチも兼任。現役は退くが、鈴木葉留彦球団本部長は「人柄も含めて誰もが認める存在。こちらはお願いしたい」と、何らかのポストを用意する方針を示した。しかし、その前に松井にはやることがある。現役選手として、必ず成し遂げなければならないことがある。

 「まだ僕は西武で日本一になっていない。日本一になって花道を飾りたい。胴上げしてもらっているところを(ファンに)見てもらいたい」。歓喜のゴールをナインとともに迎える。その時こそ松井の目にはうれし涙が光る。(鈴木 勝巳)

 ◆松井 稼頭央(まつい・かずお)1975年(昭50)10月23日生まれ、大阪府出身の42歳。PL学園では投手として2年春に甲子園出場し8強。93年ドラフト3位で西武入団。内野手に転向し、最多安打2度、盗塁王3度。98年にパ・リーグMVPに輝き、02年にトリプルスリー達成。03年オフにFAでメッツ移籍。06年途中にロッキーズに移籍し07年にワールドシリーズに出場した。アストロズ時代の09年に日米通算2000安打達成。11年に楽天に移籍し、日本球界復帰。今季は西武でテクニカルコーチを兼任した。1メートル77、85キロ。右投げ両打ち。