BASEBALL GATE

プロ野球

西武・山田「熱男~!」プロ初安打が1号 本家公認「松田さんから獅子男と」

 ◇パ・リーグ 西武12―4日本ハム(2018年9月19日 メットライフD)

<西・日>4回、1号2ランを放ち、「熱男~!」と絶叫する山田

 4年目の西武・山田がプロ初先発で大仕事だ。4回に左中間へ1号2ラン。プロ初安打が初本塁打となり「夢を見ているよう。めちゃくちゃ気持ち良かった」。ソフトバンク・松田宣が憧れで、ベンチ前で右手を突き上げ「熱男~!」と絶叫。本人から許可をもらっており「僕は松田さんから獅子男(ししお)と呼ばれてます」と笑った。

 佐賀工から14年にドラフト5位で入団した内野手。辻監督とは同郷だ。名前は「遥楓」と書いて「はるか」と読む。先天性難聴で右耳が聞こえず、守備の際は他の野手の声の方向が分からないため「口の動きを見る」という。それでも明るさを失わない元気印。獅子おどし打線に新たに加わった21歳の活躍で、チームは6試合連続2桁安打。その間は1試合平均9.3得点と勢いは増すばかりだ。