Baseball Gate

プロ野球

2発締め!亀井が4安打3打点で読売巨人が4連勝!

7回、この試合2本目となる本塁打を放ち、本塁に向かう巨人・亀井=神宮【写真提供:共同通信社】


読売巨人の亀井善行が11日の東京ヤクルト戦で2本塁打を含む4安打3打点の活躍。チームを4連勝に導いた。

 前半戦最終戦。「5番・レフト」で先発出場して初回の第1打席でセンター前ヒットを放つと、3回1死2塁で迎えた第2打席では「得点圏だったので、必ず打ちたいなという思いで打席に入りました。最近ホームランは打っていなかったので、あまりホームランの感触ではなかったですけど、入ってくれてよかったです」と東京ヤクルトの先発・大下佑馬のフォークを捉えてライトスタンド中段へ放り込む特大の一発。自身6月12日以来の7号2ランに気を良くすると、5回の第3打席でもヒットを放った後、7回の第4打席で再びライトへこの日2本目のアーチとなる8号ソロを叩き込んだ。

 9回の第5打席はセカンドフライに倒れたが、5打数4安打3打点の大暴れでチームの4連勝に貢献。前半戦を打率.298、8本塁打、31打点で終え、5番打者として存在感を示している35歳に対し、「2本とも完璧な本塁打だった。ケーシー(・マギー)も上がってきたし、(岡本)和真も戻っているので、後ろに一人いると心強いよね」と高橋由伸監督もニンマリ。試合後のお立ち台でファンの大きな声援を浴びた亀井は、「みんな勝ちたい一心でやっていますし、ファンのみなさんが応援してくれているので、その期待に応えたいという思いでやっています とにかく首位の広島を追いかけられるように、1勝でも多く勝っていけるようにがんばります」と力強い言葉。後半戦も非常に楽しみだ。

 

「DAZN」なら11球団の主催試合ほぼすべてを配信!今ならBASEBALLGATE×DAZN企画”2ヶ月無料キャンペーン!”を実施中。ペナントレースの行方を見逃すな!