Baseball Gate

大学野球

秀岳館出身・川端健斗が今季2勝目で立大Aクラス確定。東大は全敗でシーズン終了【東京六大学野球】

春連覇を逃した立大だが、最終カードとなった東大戦できっちりと連勝を収めて春季リーグ2位もしくは3位を確定させた。

ハイライト動画はこちら!

 試合は立大の川端健斗投手(1年・秀岳館)、東大の小林大雅投手(3年・横浜翠嵐)の両左腕がテンポよく抑えていき、4回表まで両者無安打で進んでいった。
 均衡が破れたのは、5回裏。立大は好守でチームを幾度も救ってきた宮慎太朗内野手(2年・市船橋)がレフトオーバーの適時二塁打を放って先制に成功。前日のリーグ戦初安打に続き打点を挙げた。さらに続く川端もリーグ戦初安打を左中間に運び、追加点を挙げた。この2点のリードに川端は「9回まで投げ切りたい」と思ったという。すると、6回表に初安打こそ打たれたが、8回まで無失点に抑え、8回裏には藤野隼大捕手(3年・川越東)のダ適時二塁打でメ押しの2点をもらった。

 だが9回、「完封したいと考えすぎました」と川端が振り返るように、東大の宮本直輝投手(3年・土浦一)に二塁打を打たれると、代打・平田壮輝内野手(4年・甲陽学院)にしぶとく二遊間を抜かれて失点し、完投まであとアウト2 つというところで降板となった。
 今季2勝目を挙げたが「完投できなかった悔しさの方が大きいです」と話し、秋に向けて「(田中)誠也さんと共にチームの先頭で引っ張っていくという強い気持ちで臨みたい」と決意を新たにしていた。

今季7試合に登板し「コンディションや気の持ち方が分かってきました」と話す川端は秋のさらなる飛躍を誓った

「守備職人」の宮だが、1回戦に続き2試合続けて打点を挙げた

★東京大vs立教大2回戦
東大 000000001=1
立大 00002002X=4
【東】●小林、有坂、宮本—三鍋
【立】○川端健、手塚—藤野

◎東大・浜田一志監督
「小林は、リーグ戦前半で2ストライクから力むようなこともありましたが、全試合に登板して、身のほどわきまえて投げられるようになりました。投手は追試くらいですが、打者は1試合2点くらい取れると思いましたが1.5点くらいなので落第点ですね。狙った球の打ち損じが多い現状です。秋は全試合接戦をして勝ち点を獲りたいです」

文・写真=高木遊