Baseball Gate

プロ野球

昨季首位打者の意地!横浜DeNA・宮﨑が2安打2打点で存在感!

1回DeNA2死一、三塁、宮崎が右中間に先制の2点二塁打を放つ=横浜【写真提供:共同通信社】


 横浜DeNAの宮﨑敏郎が15日の中日戦で先制打を含む2安打2打点の活躍。チームは8連勝となり、貯金4として単独首位の座をキープした。

 初回、神里和毅、筒香嘉智の安打で作った2死1、3塁のチャンスで、「来たら打とうという気持ちで」と打席に入った宮﨑が、中日先発・笠原祥太郎の2球目のストレートをとらえて右中間へ先制の2点タイムリー2塁打を放った。

 試合後、「先制点を取ってチームを勢いづけられたのが嬉しかった」と笑顔を見せた宮﨑。昨季初の首位打者に輝いたが、今季は開幕からなかなか調子が上がらず、打率2割台前半と不調が続いた。それでも前カードの巨人戦で2試合連続猛打賞を記録するなど、快進撃を続けるチームとともに自身の成績も上向き。この日は7回にも2塁打を放って4打数2安打として打率.314まで上昇させ、筒香、ロペスの後を打つ5番打者として、今季も打線のキーマンとして存在感を放っている。

 「すごいプレッシャーだが、自分のスイングを心掛けている」というハマの安打製造器。「まだまだ始まったばかり。これからも自分のスイングができるように頑張っていきたい」と、スタンドを真っ青に染めたファンの声援に応えていた。