Baseball Gate

大学野球

秀岳館出身の1年生左腕・川端健斗が好救援で初登板初勝利。立大が早大に連勝【東京六大学野球】

昨春優勝の立教大が藤野隼大捕手(3年・川越東)の決勝本塁打や初登板した川端健斗投手(1年・秀岳館)の好投などにより早稲田大に4対2で勝利。開幕2連勝を飾った。

 2対2の同点で迎えた4回表、立大・溝口智成監督は新人左腕・川端健斗投手(1年・秀岳館)をマウンドに送った。4季連続で甲子園のマウンドに上がった川端でも「独特の緊張感がありました」と振り返るが、そんな素ぶりは微塵も感じさせない落ち着いた投球で三者凡退に抑える。
 すると、その裏に藤野の本塁打で勝ち越しに成功。その後は、川端がストレートとそれに近い球速のカットボールを軸に7回まで早大打線を1安打に抑える好投を見せた。
 8回からバトンを引き継いだ守護神・中川颯投手(2年・桐光学園)も2回を無失点で抑え、立大が開幕2連勝を飾った。頼もしい1年生左腕に溝口監督は「素材が素晴らしいので焦らず負担をかけずに大きく育てたい」と話しているが、今後の投球次第では、春連覇に向けたキーマンになってくる可能性さえ感じる好投だった。

高校時代に甲子園4強も経験した川端。最速148km/hを誇り、プロからも注目されたが進学。「六大学を代表する投手になりたい」と意気込む。

ハイライト動画はこちら!

★早稲田大vs立教大2回戦
早大 002000000=2
立大 20010100X=4

【早】●早川、柴田、今西—小藤、岩本
【立】手塚、○川端(健)、中川—藤野
本塁打:立大・藤野《4回ソロ》、三井《6回ソロ》

◎立教大・川端健斗投手(1年・秀岳館)
「先輩たちが1年生にプレーしやすい環境に作ってくれています。田中さん(誠也)には今日もよく声をかけてもらいましたし、普段から投球について聞くこともあります。(大学で通用していくために)制球力を上げていきたい。大きな目標を持って励んでいきたいです」

捕手・藤野(写真左)の攻守にわたる貢献も光った

文・写真=高木遊