Baseball Gate

プロ野球

日本ハム・清宮「限局性腹膜炎」で入院 腹部に痛み 吉村GM「試合に出られる状態ではなかった」

 日本ハムの、ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)が入院していることがわかった。

日本ハムの清宮

 清宮は12日夜に体調不良を訴え遠征先の広島から帰京。都内の病院で診察を受けた結果、入院したもの。

 13日に都内の病院で精密検査を受けた結果、腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性(げんきょくせい)腹膜炎」と診断された。

 清宮はここ数日間、腹部の倦怠感、鈍痛などの症状を訴えており、吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は「ここ数日状態が悪くて、(広島では)試合に出られる状態ではなかった」と語った。15日までは点滴治療などを受けて経過を観察し、退院後の措置はまた判断するという。

 ここまでオープン戦1軍帯同し、7試合で19打席無安打(4四死球)、8三振。練習では重さや形状の違うバットを試すなど、木製バットに対応するため試行錯誤を続けている。11日のDeNA戦(鎌ケ谷)後に広島入りしていた。

 清宮はキャンプ中の2月22日にも体調不良を訴え、急性胃腸炎と診断されていた。