Baseball Gate

侍ジャパン

稲葉ジャパンが韓国撃破でアジア制覇!3戦全勝で初代王者に輝く!

 「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の決勝戦が19日に行われ、日本が7対0で韓国に完勝。今大会負けなしの3連勝で初代王者に輝いた。


 序盤は投手戦。日本の先発・田口麗斗(読売巨人)は初回1死から死球を与えるも、後続を断つと、2回、3回は2イニング連続3者凡退。対する韓国の先発パク・セウンは1回1死1、2塁、2回無死1、2塁のピンチを凌ぐと、3回は3者連続三振に仕留め、0対0のまま3回を終えた。

 試合が動いたのは4回裏、日本が無死1、2塁から6番・外崎修汰(埼玉西武)が右中間へ先制のタイムリー。前日のチャイニーズタイペイ戦で3安打2打点と活躍した男の一打でリードを奪うと、続く5回裏にも1死満塁から外崎が2打席連続のタイムリー、さらに西川龍馬(広島東洋)のタイムリー2塁打で計3点を追加。6回には4番・山川穂高の2点タイムリー、7回には西川がトドメのソロアーチを放ち、計11安打で大量7点のリードを奪った。

 上々の立ち上がりを見せた田口は、4回に4番キム・ハソンに初ヒットを許した後、5回に2死から連打を浴びて1、3塁のピンチを背負ったが、1番パク・ミンウをセカンドゴロに仕留めてガッツポーズ。6回、7回は相手を寄せ付けず、7回を3安打無失点でバトンタッチ。8回は石崎剛(阪神)、最後は山﨑康晃(横浜DeNA)が3人で片づけ、完封リレーを完成させた。

 新設された今大会の初代王者に輝いた新生侍ジャパン。大会MVPは3試合で13打数6安打の打率.462、1本塁打、4打点の外崎。試合後に胴上げされた稲葉篤紀監督は「最高でしたね。良かったです」と笑み。2020年の東京五輪に向けて幸先の良いスタートになった。