Baseball Gate

大学野球

星槎道都大が環太平洋大との駒大OB監督対決を制して道勢初の決勝進出【明治神宮野球大会】

第48回明治神宮野球大会大学の部準決勝で、星槎道都大が環太平洋大に10対2で8回コールド勝ちし、北海道内の大学としては初となる決勝進出を果たした。

新校名とともに歴史を作った星槎道都大

 星槎道都大・山本文博監督と環太平洋大・野村昭彦監督ともに名将・太田誠監督の指導を受けた駒澤大OB。
 
 それだけに山本監督は「よく電話もしていましたし、やりづらさはありました」と苦笑いで振り返る。そして初回に「太田さんの野球も機動力を使うものだったので、やられたなと思いました」と、環太平洋大・二塁走者の沖繁優一外野手(4年・瀬戸内)の三盗と捕手の送球エラーで先制を許した。その後のホームスチールは間一髪アウトにできたものの、先手は後輩である野村監督が取った。

 ところが、直後の2回表に星槎道都大がすぐさま反撃。石黒凌外野手(4年・北海学園札幌)が初球を叩いて三塁打とすると、続く川崎進也内野手(1年・太田第一)がレフト前タイムリーを放ち、すぐさま同点に追いついた。

 3回には再び石黒が長打(二塁打)を放ち、勝ち越した。さらに川崎の二塁内野安打の間に、二塁走者の石黒が一気に三塁を回って生還。今度は星槎道都大が太田イズムを感じさせる走塁で貴重な追加点を奪った。

 さらに6回には代打・高橋航平外野手(4年・横浜創学館)の三塁打を皮切りに、3連続四死球、大西主将外野手(3年・明徳義塾)の三塁打、暴投で5点を追加して試合を決定付けた。

 また前戦で4安打11三振1四球完封を果たしたエース左腕の福田俊(ふくだ・すぐる/3年・横浜創学館)も、5回3安打1失点と試合を作って、決勝戦に備えて降板。8回にも2点を奪い、攻撃の手を緩めなかった星槎道都大が8回コールド勝ちを決めた。

 これで春の全日本大学野球選手権も通じて、北海道勢初の全国大会決勝進出。今年4月に道都大から改称し「Make New History」をスローガンに掲げたチームが、北海道球界の歴史も塗り替えた。

★準決勝 星槎道都大vs環太平洋大
星槎道都大 01200502=10
環太平洋大 10000100=2
【星】○福田、藤塚、市毛—塚原
【環】●西山、岩永、又吉、屋良、大原−高祖

◎環太平洋大・野村昭彦監督
「初回いい形で先制できたのですが、すぐに返されてしまいました。(内野ゴロの間に生還された)3点目が痛かったですね。我々がやりたい野球を相手にやられてしまいました。“まだまだ”と思い知らされました」

2年連続8強の壁は越えたが、準決勝敗退となった環太平洋大

文=高木遊、写真=伊藤華子