Baseball Gate

大学野球

逆転を呼び込んだ山田峻士のリーグ戦初本塁打!亜細亜大が逆転勝ち!【東都大学野球 秋季リーグ戦 亜細亜大vs中央大1回戦】

元気の良さを買われてスタメンを掴み取った亜細亜大・山田。大学初本塁打がチームに逆転劇を呼び込んだ

亜細亜大が5対3で勝利。

1点を追う7回、この回先頭の山田峻士内野手(4年・大分東明)がレフトスタンドへソロ本塁打を放ち、同点とする。3四球で1死満塁とすると、北村拓己内野手(4年・星稜)が押し出し四球を選び勝ち越しに成功。さらに暴投で1点を加え、頓宮裕真捕手(3年・岡山理大付)の2点タイムリーでこの回一挙5点を奪う。

3番手の嘉陽宗一郎投手(4年・松山聖陵)は2点リードの8回、無死満塁と一打逆転の場面で登板。このピンチを無失点で切り抜け、9回も3人で締めるパーフェクト救援でリードを守り切った。

中央大は3回、土谷恵介内野手(4年・前橋育英)がライトポール際へ飛び込むソロ本塁打を放ち先制。8回には2安打と四球で無死満塁とし、飯嶌幹太外野手(4年・宇治山田商)の2点タイムリーで2点差とし、さらに敵失で無死満塁と絶好の好機を迎えるが後続が倒れてしまった

◎亜細亜大・生田勉監督
「中央大はバッティングがいいので、1-0でついていけていた中、山田がいい所で打ってくれて流れが変わりました」
◎亜細亜大・山田峻士内野手
「1点差で負けていたので、何としても打とうと思っていました。(スタメン起用に対し)今まで何もできていなかったので、何とか恩を返そうと思っていました」

亜細亜大 000000500=5
中央大  001000020=3
【亜】中村(稔)、○高橋(遥)、嘉陽―頓宮
【中】●鍬原、水谷、安本、花城―保坂
本塁打:亜細亜大・山田《7回ソロ》、中央大・土谷《3回ソロ》

文・写真:山田沙希子