Baseball Gate

プロ野球

実力&成長を証明!ドラ1右腕・佐々木がプロ初完封で3カ月半ぶり勝利!

プロ初完投で3勝目を挙げ、ファンの声援に応えるロッテ・佐々木=札幌ドーム【写真提供:共同通信社】


千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木が13日の北海道日本ハム戦で9回を1失点の好投で今季3勝目を挙げた。

 約2カ月ぶりの1軍登板に「ファームでやってきたことをしっかり出せという風に言われていたので、自分も“やってやろう”という風に強い気持ちをもってマウンドで投げました」と佐々木。1回、3回と先頭打者にヒットを許したが、コーナーを丁寧に突いて後続を抑えて5回まで2安打無失点。6回、7回はともに併殺打でピンチを逃れ、9回1死から横尾にソロ本塁打を許したのみで、9回を8安打2四球5奪三振で1失点。自身5月25日以来のプロ3勝目を挙げた。

 4月6日のプロ初登板初先発で初勝利を飾ったが、以降は四球から崩れる場面が目立って6月を終えて2勝6敗、防御率5.67。7月5日の東北楽天戦で5回1/3を6安打6四球3失点で7敗目を喫して1軍抹消。自らを見つめ直した2軍生活を経てのプロ初完投に「途中まで四球がなかったのが良かったと思う。初めから投げさせてもらって、最後まで投げられるっていうのはピッチャーとして凄い幸せなことだと思うので。これからもそういうピッチングができるように心がけていきたいなと思います」と佐々木。プロの洗礼を浴びたドラ1右腕が、自らの壁を打ち破って再びファンの大声援を浴びた。