Baseball Gate

大学野球

ドラフト候補右腕・鍬原拓也、打線の援護に守られ完投し、中央大が先勝!【東都大学野球 秋季リーグ戦 1部 中央大vs立正大】

序盤の猛攻を見せた中央大が5対3で勝利。
初回、2四球で2死一、三塁と先制の好機を作ると、牧秀悟内野手(2年・松本第一)がレフトへタイムリーを放ち先制。続く2回には連打と犠打で1死二、三塁とすると、飯嶌幹太外野手(4年・宇治山田商)がレフト線へ2点タイムリー二塁打を放って3点目。3回には2死二塁から河合泰聖内野手(4年・龍谷大平安)のタイムリー二塁打でリードを広げる。6回にも1点を追加し、11安打5得点と打線がつながった。
先発・鍬原拓也投手(4年・北陸)は9安打ながら3失点とまとめ、味方の援護を守り切って完投。「三振にはこだわらない」と言うが8三振を奪った。

ドラフト候補の鍬原投手(中央大)は3失点完投勝利


立正大は立ち上がりから中央大打線に捕まり、釘宮光希投手(3年・日大三)が3回4失点で降板。今季初スタメンの三好大輝内野手(※指名打者で出場/4年・三本松)が1本塁打を含む3安打2打点と奮起し、9回2死から小畑尋規捕手(4年・北照)がソロを放つなどしたが及ばなかった。

先制タイムリーを放つ牧内野手(中央大)


◎中央大・清水達也監督
「初戦なので何としても勝ちたかったです。点は取られましたが、エースが投げてよく頑張りました。」
◎中央大・鍬原拓也投手(4年・北陸)
「かなり緊張をしていましたが、初回を3人で抑えられてかなり楽になりました。(2本塁打は)両方ともストライクを取りに行ったボールで、無駄な失点が多かったです。打線が打ってくれたので、それに応えられてよかったです」

中央大 121001000=5
立正大 000101001=3
【中】○鍬原―保坂
【立】●釘宮、新村、竹内(慎)、渡部、倉田―小畑
本塁打:立正大・三好《4回ソロ》、小畑《9回ソロ》

文・写真:山田沙希子