侍ジャパン

トラウト、ハーパーの2大スターがWBC欠場へ 現地紙が報道

 ニューヨーク・ポスト紙電子版は現地1日付で、エンゼルスのマイク・トラウト外野手と、ナショナルズのブライス・ハーパー外野手の2大スターは、そろって来年3月のWBCを欠場する見込みだと伝えた。

エンゼルスのマイク・トラウト外野手 (AP)

 WBCに備え、米国代表は10月上旬までに50人の予備登録メンバーを選ぶ必要があったが、そのリストにも2人は含まれていないという。米国代表のジョー・トーリGMは「これは最終登録メンバーではない」とし、予備メンバーからの入れ替えは可能だが、現段階で2人に関しては招集が難しいという判断に至った模様だ。

 25歳のトラウトは14年のア・リーグMVP。今季も打率・315、29本塁打、100打点、30盗塁の成績を残し、MVPの有力候補に推されている。24歳のハーパーは15年のナ・リーグMVPで、その年は打率・330、リーグトップの42本塁打、99打点の成績を残した。

 ハーパーの代理人を務めるスコット・ボラス氏は欠場を認め、「選手たちに大事なのはルーティンを守ることだ。ハーパーにとっては調整を重ね、シーズンに備える大事な時期になる」と同紙にコメント。トラウトの代理人とは連絡が取れなかったという。

 両リーグを代表する2枚看板を欠くことになりそうだが、それでも米国代表は駒が豊富。

 予備リストには、ジェーク・アリエッタ(カブス)、コリー・クルバー(インディアンス)、ノア・シンダーガード(メッツ)、デービッド・プライス(レッドソックス)、マックス・シャーザー(ナショナルズ)、ジャスティン・バーランダー(タイガース)、クリス・アーチャー(レイズ)、アンドルー・ミラー(インディアンス)、デリン・ベタンセス(ヤンキース)、バスター・ポージー(ジャイアンツ)、ジョナサン・ルクロイ(レンジャーズ)、クリス・ブライアント(カブス)、ノーラン・アレナド(ロッキーズ)、エリク・ホスマー(ロイヤルズ)、イアン・キンズラー(タイガース)、ジアンカルロ・スタントン(マーリンズ)、クリスチャン・イエリチ(マーリンズ)ら豪華メンバーが含まれているという。

 米国代表は1次リーグでは、前回優勝のドミニカ共和国、カナダ、コロンビアと同じC組。3月9日から12日まで、マーリンズの本拠マーリンズ・パークで戦う。