Baseball Gate

高校野球

仙台育英が毎回の18安打で15得点!エース・長谷川6回零封で快勝! 【第99回全国高校野球選手権大会第5日】

滝川西―仙台育英  滝川西―仙台育英 2回表仙台育英無死二、三塁、長谷川が右越えに3ランを放つ。投手鈴木、捕手細矢=甲子園【写真提供:共同通信社】


2年前の夏には準優勝を果たし、今春の選抜にも出場した宮城県代表・仙台育英と、19年ぶり3回目の出場を果たした北北海道代表・滝川西による大会第5日第1試合。

試合の序盤は仙台育英ペースで進んだ。初回、一死二塁から3番・山田 利輝(3年)が左翼席に飛び込む2点本塁打を放って仙台育英が先制。2回には安打と失策で無死二・三塁とすると、9番・長谷川 拓帆(3年)の右翼席に突き刺さる大会第19号本塁打が飛び出す。エースの一発で3点を追加した仙台育英が5点をリードして試合の主導権を握る。

追いかけたい滝川西は1回、1番・平澤 陸斗(3年)が安打で出塁するも、次打者の犠打失敗で併殺となりチャンスを作れない。滝川西は1回から4回まで続けて先頭打者が出塁したものの、3度の併殺で反撃の目を潰してしまう。すると試合中盤、再び仙台育英打線が滝川西に襲い掛かる。

5回、仙台育英は四球と失策などで二死二・三塁とすると、8番・斎藤 育輝(3年)の左翼適時打で2点を追加し、リードを7点とする。さらに6回、一死二・三塁のチャンスを作ると、4番・佐川 光明(3年)の内野ゴロ野選で1点。さらに5番・杉山 拓海(3年)の中堅への適時三塁打で2点を追加した。

なんとか反撃したい滝川西は7回、この回からマウンドに上がった佐川を攻めて二死満塁と、この試合初めてのチャンスを作る。ここで打席に入った9番・竹原 陸(3年)が低めの直球を振り抜いた打球は、右翼手の頭上を越え走者一掃の3点適時二塁打となった。終盤、諦めない滝川西が仙台育英に食らいつく。滝川西は8回にも二死満塁とするが、7番・鈴木 愛斗(3年)は遊飛に倒れ得点ならず。

試合は、5回以降毎回得点で着実に加点した仙台育英が15対3で勝利。滝川西も終盤に反撃を見せたが及ばなかった。仙台育英は今大会2チーム目となる毎回安打を放って滝川西を圧倒した。

勝利した仙台育英は大会第9日第3試合で、日本文理対鳴門渦潮の勝者と2回戦を戦う。